ブラックでも通る自動車ローン|車を買うポイントはローンの選び方(自社ローン)

ブラックでも買える車|購入のポイントは自社ローン

管理人
管理人

信用情報がブラックの人は自動車ローンの審査に通るのが難しいものですが、可能性がないわけではありません。

ブラックの人が自動車ローンの審査に通るためのポイントは、どのようなタイプのローンを選ぶと良いのかということです。

当記事ではブラックでも自動車ローンを利用して、車を買うための方法について、詳しくまとめました。

ブラックでも通る自動車ローン(自社ローン)

自社ローン(ブラックでも通る自動車ローン)とは?

自社ローンとは、車を購入するときに金融機関ではなく、販売会社がローンの貸主になる仕組みです。

審査の際に信用情報の照会がないため、ブラックでも審査に通りやすいものになっています。

金融機関の審査よりもいくらか甘くなっている分、最初に保証金が必要になるケースも多いです。

また保証人をつけなければ行けない場合があるなど、対応は販売会社によって、異なります。

参照:自社ローンは保証人なしでも審査は通る?頭金なしのケースも紹介|中古車なら【グーネット】

審査の必要書類

自社ローンを含め、カーローンを組むためには、免許所やパスポート・マイナンバーカード・健康保険証・住民票などの本人を確認することができる書類を提出する必要があります。

これらのどれか1つの提出で良い場合もありますが、複数提出をしなければいけない場合もあります。

所得を証明する書類も必要になり、返済能力があるかチェックされます。

会社勤めで給与所得者の場合は、会社が発行する源泉徴収票が必要になります。

自営業・個人事業主の場合

自営業・個人事業主の場合は、確定申告をおこなった際に発行される所得証明書や確定申告の控えが要ります。

国税庁が発行する納税証明書も有効です。

ディーラーローンの場合

ディラーローンの場合は、印鑑証明証や本人確認書類・ディーラーが指定する書類が要ります。

ディーラーローンは、審査が銀行ローンより優しいのですが、貸付額に上限を設けていることも多くあります。

頭金などを用意するとローンが通りやすくなります。

自社ローンの場合

自社ローンの場合は、独自の審査になるので、印鑑証明書や本人確認書類・その他その会社が要る必要書類の提出をします。

自社ローンは、車の返済が終わるまで、自分の名義ではなく販売会社の名義になります。

自己破産や債務整理をおこなったかたでも車の購入をすることができます。

自社ローンのメリットは、車を購入するときは、さまざまな書類を用意する必要があったり、何度も銀行に足を運んだりして手間や時間がかかるのですが、自社ローンだと購入する販売店で契約を済ませることができます。

ローン選びが重要

携帯電話や家賃の滞納などでもブラックリストにのることがあるので注意が必要になります。

銀行系カーローン・ディーラーローンや自社ローンを組むことができれば車の購入は可能になります。

銀行系カーローンとは、銀行に融資してもらってローンを組む方法で、審査がとても厳しいです。

ディーラーローンとは自動販売店で車を販売しているディーラーと提携している保証会社が一括で支払いをし、購入した車を担保にして保証会社に返済していく仕組みになっています。

その他、金融ブラックではないけれど審査が不安という方に関しては、銀行から融資の提案を受けられるクラウドローンもおすすめなので、気になる方は以下のページでチェックをしてみて下さい。

クラウドローンの特徴や利用の流れについて詳しくはこちら

ブラックリストに載ることの支障

ブラックリストに載ってしまったら以下のような支障が出てきます。

家の購入ができない場合や、賃貸物件を借りることができなくなったり、携帯電話の契約・クレジットカードの作成などもできなくなってしまいます。

ブラックリストにのっている人が車の購入をしたい時はいくつかの方法があり、ローンさえ通れば購入できるので通りやすいローンを選ぶと良いです。

もちろん車のローンも通らないです。

自社ローンのデメリット

自社ローンはデメリットもあり、自社ローンを導入している販売会社は、規模が小さなところが多いです。

万が一、何かあった場合に責任をとってくれないことがあるので、きちんと調べてから販売店を選んだ方が良いです。

金利が高く設定されているだけではなく、車体の金額を上乗せしている場合があるので、購入したい車が市場でどれくらいで取引されているか事前に調べておいた方が良いです。

販売店が倒産などした場合、車を手放さなければならないこともあるので注意が必要になります。

車の購入の流れは、車の見積もりを出してもらい、返済方法などを検討します。

銀行系カーローンの場合は、銀行のホームページで申し込みをおこない、仮審査の申し込みをします。

仮審査を通過したら本審査になり契約になります。

自社ローンは審査が通りやすく条件がゆるい反面デメリットもあるので、きちんと考えてから車を購入することが重要になります。

銀行であれば横浜銀行のようにマイカーローンの借入診断をしているところもあるので、試してみてはいかがでしょうか。

マイカーローン5秒診断(借り入れ可能かチェック)|横浜銀行

ブラックリストとは?

ローンやクレジットカードの支払いを延滞した人

ブラックとは消費者金融や銀行・クレジットカードなどの支払いがとどこおり、何らかの理由で支払いを飛ばしてしまった人がブラックリストに入ってしまいます。

ローンなどを組むと顧客情報が信用情報機関に登録されているので、支払い状況などを業者は確認し審査をおこないます。

審査で支払いのとどこおりがあった場合などは、融資する業者にわかってしまうので、ローンや融資をうけられなくなってしまうことがデメリットになります。

信用情報機関に登録される内容

信用情報機関には、住所・氏名・生年月日・電話番号・勤務先・運転免許証の番号・現在の借入額や過去の返済履歴などの情報が登録されます。

ブラックリストに登録されているか確認する方法があり、信用情報機関には本人開示制度があるので、それを利用するとブラックリストにのっているか確認することができます。

ブラックリストの登録期間は数年間になるのでその期間が過ぎればブラックリストから除外されます。

ブラックリストは支払いのとどこおりだけではなく、自己破産した人や債務整理をした人なども対象になります。

ブラックリストにのってしまわないように、ローンを組むなら返済シミュレーションをおこなって、確実に返済できるようにすることが重要になります。

ブラックだとマイカーローンは審査落ち(厳しい)

審査落ちの可能性が高い

ブラックリストにのっているとマイカーローンの審査は厳しくなり審査落ちの可能性が高くなります。

ブラックだということは、クレジットカードや家のローンなどの返済・融資の返済・携帯電話の支払いの滞納・家賃の滞納などをおこなってしまった過去があるということだからです。

そのことにより、銀行などの金融会社から貸付をうけることは難しくなります。

銀行などのマイカーローンは、審査が厳しいかわりに金利などがほかの自社ローンやディーラーローンより安くなるので、車全体にかかる費用が低く抑えることができます。

ブラックリストから抜け出せばチャンスあり

ブラックでマイカーローンを組みたいのなら、リストに登録されている数年間を避けて、リストから外れたときに銀行などが提供しているマイカーローンを組むと良いです。

マイカーローンはさまざまな金融機関で取り扱っていてサービス内容も違うので、ニーズにあったローンを組むことができるます。

マイカーローンを組みたいなら、さまざまな支払いをきちんとしておくことが重要になります。

その他、ブラックリストから抜け出した方におすすめのローンとして、銀行から融資の提案を受けられるクラウドローンもあるので、気になる方は以下のページでチェックをしてみて下さい。

クラウドローンの特徴や利用の流れについて詳しくはこちら

クラウドローンの審査・仕組みを徹底解説!日本初の銀行提案型ローンマッチングプラットフォーム
管理人 日本初の銀行提案型ローンマッチングプラットフォームとして、2020年1月に誕生した「クラウドローン」。 その画期的な仕組みがメディアや業界でも話題と...

まとめ

ブラックでも自動車ローンで車を買う方法は、自社ローンを利用することです。

自社ローンは車の販売店が独自の審査基準をもっているため、信用情報がブラックの人でも通る可能性があります。

信用情報の照会がない自社ローンですが、安定した収入があるかどうかの審査はあります。

ブラックの人は自社ローンのような、一般的な銀行融資以外の方法で、借入をすると良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました