ブラックでも家を建てる方法(住宅ローンに通るために必要なこと)

管理人
管理人

家を買う際は、ほとんどの場合に住宅ローンを組むことになります。

それは信用情報がブラックの人も例外ではないため、ブラックでも住宅ローンを組んで家を買えるのかどうかが気になる人は多いことでしょう。

そこでこの記事では、ブラックでも住宅ローンを組んで、家を買えるのかという疑問について、詳しく解説していきます。

ブラックでも住宅ローンを組める?(家が買える?)

結論から言いますと、ブラックでも住宅ローンを組んで、家を買う方法があります。

ブラックというと非常にネガティブな言葉です。

借金返済の延滞などが理由でブラックリストにのることは、社会的信用がないということに他ならないからです。

人は不可抗力によって借金を負い、返済できなくなってしまうこともあります。

特に不景気の中にあっては経営が行き詰まり、借金を負って返済できないことも多々見受けられます。

しかしブラックであっても家を購入し、人間らしい生活を営みたいと思うのは決して悪いことではありません。

ブラックが家を買える方法をこれからご紹介します。

ブラックでも住宅ローンの審査に通る(家を買う)方法

購入する家を担保にする(抵当権)

また任意整理を待たずして家を買える方法は、自分の持ち家を抵当権とし担保にして、頭金を借りるという方法もあります。

抵当権とは、住宅ローンなどでお金を借りた際に、万が一、借りた人(債務者)が返済できない(債務不履行)場合に土地や建物を担保とする権利のこと。

引用元:抵当権とは|SUUMO住宅用語大辞典

人は誰しも借金を負いたくありませんが、現代の日本では借金なしに生活することは不可能です。

日本は雇用不安定であったり、年収が減少の一途を辿っているからです。

現代の日本のサラリーマンは年収500万円前後が平均とされています。

月収手取り額にすると30万円あれば良いほうだとされているのです。

この30万円で住宅費に食費、光熱費や通信費、日用品を使ってしまうと残りはわずかであり、そこから子供の大学進学費用などをねん出しなければいけません。

すると車の購入資金など到底ねん出することができません。

そのため多くの人が車のローンなどを組んで購入しています。

現在は経済情勢も不安定で、給与の減額も当たり前になり、車のローンをねん出することができず返済が遅れブラックリストに載ることも珍しくはありません。

ブラックリストに載ると、口座凍結などの制裁をうけることになりほかのローンを組むどころか、自分自身の生活費を引き出すこともできなくなります。

口座凍結になると車以外のほかの支払い振り替えもできなくなり、社会的信用を失います。

これは苦肉の対策であり、後々返済に困らないよう計画的に行うべきです。

債権者が合意すれば返済額も減額でき、車のローンなども早期に完済することができるようになるのです。

任意整理をする

信用情報がブラック状態では当然住宅ローンを組むことができません。

ただ任意整理という方法をとることで、住宅ローンを組むことが可能になることがあります。

任意整理とは弁護士に相談して実行していきます。

弁護士が債権者と話し合いの場を持ち、債務額の減額など交渉していき和解案を模索します。

手持ちの車のローンなどを完済してしまえば、ブラックリストから名前が除外されることになります。

すると銀行での住宅ローンも十分通る可能性があるのです。

まずは弁護士に相談して任意整理をしてしまい、住宅ローンを組んで家を購入するとよいでしょう。

ブラックリストとはどんな状態?

ブラックリストとはクレジットカードなど、支払いの延滞や返済を滞ってしまった状態の人が記載されるリストです。

こうしたブラックリストはクレジットカード会社や住宅ローンなどを扱う銀行間などで共有され周知されています。

それは銀行やカード会社が過剰な債権を負わないためにも大切なことです。

ブラックリストが共有されているので、あちこちでお金を借りて自転車操業で生活を賄うということが不可能になります。

当然のことながらブラックリストに載ってしまうと都市銀行で住宅ローンを組むことは非常に難しくなるのです。

住宅購入するにはまずは任意整理や債務整理を行い、早期に返済をはかりブラックリストから名前が除外されることが大事です。

ブラックの住宅ローンの審査は厳しい?

債務整理、任意整理をして返済すべきものをすべて返済しても、信用情報が回復するまでの期間は短くはありません。

そのため債務整理をしたからといって、即日住宅ローンが組めるものでもないのです。

ブラックリストから名前が除外されても、銀行による住宅ローンの審査は非常に厳しいと言えます。

審査は勤務先名や企業規模、収入の状態や勤続年数など事細かな審査があります。

ブラックリストに載ってしまう人は、様々な理由で会社をリストラされていたり、勤務先自体が社会的信用のないブラック企業のことも多々あります。

住宅ローンを組んで家を買える状態にするには、債務整理のほかに身辺整理などもしておく必要があるのは言うまでもありません。

どうしても審査に通らない場合は、パートナーの妻がローンを組むという方法もあります。

ただし、妻もきちんとした会社勤めで一定の収入があり、正社員などで勤続年数も長くブラックリストに載っていないことが必要絶対条件になります。

フラット35はブラックにも審査が甘い?

フラット35の審査について解説する前に、フラット35とはどんな住宅ローンなのかについて解説します。

フラット35は固定金利の住宅ローン

フラット35は住宅金融支援機構と民間金融機構による住宅ローンです。

フラット35とは金利が変動しない固定金利のローンとして非常に有名です。

金利が変わらないということで、返済計画が立てやすいというメリットがありおすすめです。

変動金利であると経済や社会情勢によって返済額が変わってくるので、返済計画は難しい場合があるのです。

参照:初めての方へ:長期固定金利住宅ローン 【フラット35】

銀行の住宅ローンよりも組みやすい

銀行による住宅ローンは勤続年数や年収、雇用体系やほかのローンの有無など、その人の人となり、つまり人物重視の審査になっているのが特徴的です。

しかしフラット35は団体信用生命保険に加入義務がなかったり、それほど勤務している企業規模や年収、勤続年数など、さほどこだわらず貸してもらえるというメリットがあります。

多少銀行ローンより審査が甘いといえるかもしれません。

ただ近年はフラット35の返済を滞る人も多くなっているので、徐々に審査が厳しくなってきているともいわれています。

フラット35は、独自に定めている融資条件をきちんと満たしていることが最重要視される審査といえます。

まとめ

ブラックでも住宅ローンの審査に通りやすくなる方法は、頭金を用意したり、購入した家を担保にすることです。

その他にフラット35という、住宅金融支援機構と民間金融機構によって運営されている固定金利の住宅ローンがあります。

銀行の住宅ローンよりも審査に通りやすいため、信用情報に不安があるという方にもおすすめとなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました