「審査なし」で10万円を借りる方法を全解説【2022年決定版】

管理人
管理人

今すぐ10万円が必要といった時、「審査なし」または「審査が甘い貸金業者」を利用してお金を調達する方法があります。

本記事では、10万円を厳しい審査なしで借りるための方法をピックアップしました。

10万円を今すぐに借りたいといった方は、ぜひこちらを参考にしてみてください。

「審査なし」で10万円を借りる方法

審査なしで10万円を借りる方法について下記にまとめました。

  1. 質屋でお金を借りる
  2. クレジットカードのキャッシング
  3. 給料の前借
  4. 身内からお金を借りる

それぞれ解説していきましょう。

1.質屋でお金を借りる

質屋では、品物を担保にすることでお金を借りることができます。

質屋でお金を借りる流れを簡単に下記にまとめました。

  1. 質屋に品物を預ける
  2. 身分証明書ななどで本人確認
  3. 品物の査定
  4. 査定結果に応じた現金と質礼をもらう

質屋の場合は本人確認が必要になるものの、品物が担保となっているため審査は実質ないと考えることができるでしょう。

参照:はじめて質を利用する方に読んでほしい!賢い質屋の使い方 | 質屋の大黒屋【公式】

2.クレジットカードのキャッシング

クレジットカードのキャッシング枠があれば、審査なしでお金を借りることができます。

ショッピング枠は買物のみに利用が制限されていますが、キャッシング枠はATMや口座振込で直接現金を借入することできます。

ただし、キャッシング枠が付帯していないカードをお持ちの方は利用できません

キャッシング枠はクレジットカード会社に申込可能ですが、所定の審査があるため注意しましょう。

3.給料の前借り

勤務先で、給料を前借りすることで審査なしの現金調達が可能です。

給料の前借りは労働基準法で定められているため、違法性はありません。

ただし、給料の前借りは労働基準法が定める非常時のみとなることから注意が必要です。

例えば、これらがその非常時に該当します。

  • 出産
  • 疾病にかかった
  • 災害をうけた
  • 結婚した
  • 死亡した
  • やむえない理由で1週間以上に渡り帰郷する

これらの理由がない場合、被雇用者に前借りをする義務はありません。

さらに給料の前借りはすでに労働した分の給与分に限定されることから、“みなし分”を前借りすることができない決まりになっているので注意しましょう。

参照:労働基準法が定める「賃金の非常時払い」の基礎知識│弁護士法人ALG

4.身内からお金を借りる

審査なしでお金を借りるのであれば、身内からお金を借りるのも一つの手段です。

身内にお金を借りるメリットは、金額に上限がなく利息や返済期日も身内の言い分で決めてもらえるところでしょう。

一方、デメリットとしては「借用書」を証明書として作成された場合、返済に遅れるなどした際にトラブルに発展する可能性があるところです。

家族間や親戚間でトラブルが発生すると、今後の人生にも支障が出てくるかもしれません。

身内だからこそ、お金の問題はクリアにしておくべきでしょう。

「審査なし」の銀行・金融会社はない

審査なしで借りられる銀行・金融会社はありません。

銀行・金融会社での融資に審査が存在する理由と審査で見られるポイントについて解説していきましょう。

銀行・金融会社の融資に審査がある理由

正規の銀行・金融会社は、貸金業法に則って融資業務を行っています。

貸金業法には、返済能力に関する事項を調査しなければならないと定められているため、金融業者は審査なしで融資をすることができません。

また、無担保ローンの場合は借主が返済不能となった時、担保が無いことから貸主が一方的な損失を被ることになってしまいます。

そのため、キャッシングなどの無担保ローンの場合、借主に十分な返済能力があるか慎重に審査されるのです。

審査で見られるポイント

銀行・金融会社の審査で見られるポイントについて下記にまとめました。

  • 申込内容から判断できる属性
  • 信用情報機関の情報
  • 勤務先への在籍確認
  • 申込内容と書類が一致しているか

属性とは申し込み者の「年齢・就業状況・年収・勤続年数・家族の有無・持家か借家か」などをいいます。

また信用情報機関の情報とは「借入総額・他社借入件数・金融事故の有無」などを指し、この状況によって融資可能か、どの程度の金額を融資できるかなどが判断されます。

これら、社会的背景・経済的背景などを総合的に判断した上で、銀行・金融会社は融資可能か判断しているのです。

10万円を借りるおすすめの方法は大手消費者金融

10万円を借りるためのおすすめの方法は、大手消費者金融の利用です。

その理由を下記にて解説していきます。

10万円を借りるのに消費者金融がおすすめである理由

大手消費者金融は銀行と比較して審査が柔軟かつ、スピード感を持って融資を行っています。

大手消費者金融の多くは店頭申込や無人契約機での申込だけでなく、「申込・審査・融資」までをWEBで完結させることも可能です。

また借入希望額が50万円を超えない場合、収入証明書の提出が不要になることからよりスピーディーに審査を進めることもできます。

アルバイトやパート、派遣社員など安定した収入があれば融資対象になる上に、総量規制以内であれば他社借入があっても問題ありません。

10万円を借りるのであれば、これら理由から利便性の高い大手消費者金融がおすすめです。

少額融資は審査に通りやすい

10万円の少額融資は、大手消費者金融の審査に通過しやすい傾向があります。

基本的に大手消費者金融に限らず、貸付金額が高くなればなるほど、審査は厳しくなっていきます。

大手消費者金融が借入希望額50万円以上の場合に収入証明書の提出を求めるのは、それだけの返済能力があるか判断するためです。

一方、10万円の少額融資であれば大手消費者金融側の貸倒れのリスクが低く、年収が低いなど属性が不利な場合でも融資される可能性があります。

もし10万円でも不安であれば、貸付希望額を3万円など低く見積もるのも審査通過のコツといえるでしょう。

プロミスが特におすすめ

10万円を大手消費者金融で借りるのであれば「プロミス」が特におすすめです。

プロミスの特徴を下記にまとめました。

金利 4.5~17.8%
WEB完結 可能
無利息期間 初回利用日翌日から最大30日間
最短融資時間 最短30分

プロミスでは事前審査が最短15秒、本審査から融資までが最短30分と業界一のスピード融資を行っています。

アコムやレイクALSAが最短融資60分となっていることからも、プロミスがいかにスピーディーであるかがわかるでしょう。

さらに、上限金利においては「アイフル・モビット・アコム・レイクALSA」といった他社が全て「18%」に設定されている中、プロミスは「17.8%」となっています。

その他、最短10秒で金融機関に振込ができる「瞬フリ」やカードレスでコンビニATMでのキャッシング、初回利用日翌日から最大30日間の無利息サービスなど多種多様なサービスを展開しているのも特徴です。

プロミス【公式サイト】へ行く

審査が不安な人は中小消費者金融で10万円を借りる

大手消費者金融での審査が不安な方は、中小消費者金融で10万円を借りるのがおすすめです。

中小消費者金融がおすすめの理由を解説していきましょう。

大手消費者金融より審査が柔軟

中小消費者金融は大手消費者金融より審査が柔軟です。

大手消費者金融は社会的背景や経済的背景が審査でチェックされますが、各社の基準を満たせない場合は審査で否決されてしまいます。

中小消費者金融の場合、属性に問題があったとしても、現在の返済能力を中心に審査の合否を判断してくれます。

また申込者にヒアリングするなど、一人ひとりの状況に合わせた細かな基準で融資可能かどうかを検討してくれる特徴があります。

金融ブラックでも融資可能

中小消費者金融は金融ブラックでも審査に通過します。

信用情報機関に問題があっても、中小消費者金融が見る部分は返済能力の有無です。

例えば、下記のような金融ブラックの方でも融資対象になります。

  • 他社借入件数が多い
  • 債務整理・自己破産経験者

中小消費者金融は総量規制以内であれば、他社借入件数が多くても柔軟に審査してもらえます。

また債務整理や自己破産経験者であっても、一定数時間が経過しており、返済能力があれば融資対象となるなど、どこまでも審査は柔軟です。

中小消費者金融も10万円以下の少額融資になれば、審査はそれだけ甘くなるため、大手消費者金融での審査が不安な方におすすめです。

公的融資制度で10万円を借りる

10万円を借りたい時、公的融資制度を利用する手段もあります。

公的融資制度は低所得者や障害者の生活の保護を目的に、国や自治体が無利息または低金利で、お金を貸し付ける制度です。

公的融資制度での借入について下記で解説していきましょう。

公的融資制度の種類

公的融資制度の種類を一部下記にまとめました。

  • 緊急小口資金
  • 生活福祉資金貸付制度
  • 求職者支援資金融資制度
  • 勤労者生活支援特別融資制度
  • 中小企業労働者生活安定資金
  • 教育一般貸付
  • 教育支援資金
  • 母子父子寡婦福祉資金貸付金金
  • 年金担保貸付制度

公的融資制度は、銀行や消費者金融などの民間金融機関で借りられない方でも融資対象となることから、10万円を借りたい方にはおすすめの方法です。

一例として、「生活福祉資金貸付制度」の流れについて下記で解説していきます。

生活福祉資金貸付制度を利用する流れ

生活福祉資金貸付制度の流れについて下記にまとめました。

  1. 近くの市区町村 社会福祉協議会へ申込
  2. 都道府県 社会福祉協議会へ送付
  3. 貸付決定・送金

生活福祉資金貸付制度は、借入申込書の他に借用書や収入の減少状況に関する申立書などの提出が必要になります。

生活福祉資金貸付制度の上限は20万円で、貸付期間は原則3ヶ月以内。

ただし、条件によっては据置期間1年以内、償還期限10年以内となる場合などもあります。

参照:厚生労働省|厚生労働省生活支援特設ホームページ

公的融資制度を利用するデメリット

公的融資制度の利用にはデメリットも存在しています。

まず、公的融資制度は申込時に書類を多く用意しなければならず、不備があれば都度提出を求められるためその場合は審査が進みません。

また、生活福祉資金貸付制度など多くの公的融資制度は審査に時間がかかり、最短でも一ヶ月程度だといわれています。

それぞれ公的融資制度の対象者で審査対象となるか否かが厳しく判断されるため、当然否決の可能性も高いです。

公的融資制度での財源は税金でもあるため、簡単に借りられる方法ではないことを理解しておきましょう。

「審査なし」で10万円を調達する方法

審査なしで10万円を調達する方法について下記にまとめました。

  1. クレジットカード現金化
  2. 不用品を売って現金化
  3. アルバイトで稼ぐ

それぞれ解説していきましょう。

1.クレジットカード現金化

クレジットカード現金化であれば、審査なしで現金が調達可能です。

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのキャッシング枠を利用した現金化で、主に「商品買取り型」と「キャッシュバック型」が存在します。

「商品買取り型」の流れを下記にまとめました。

  1. クレジットカード現金化業者に申込み
  2. 業者が購入商品を指定
  3. クレジットカードのキャッシング枠で購入
  4. 業者に商品売却
  5. 業者から現金振込

「商品買取り型」は、商品を購入した後、その商品を業者に売るといった流れ現金化です。

一般的なクレジットカード現金化であり、安心して利用することができるでしょう。

次に「キャッシュバック型」の流れを下記にまとめました。

  1. クレジットカード現金化業者に申込み
  2. 業者が購入商品を指定
  3. クレジットカードのキャッシング枠で購入
  4. 購入特典として業者が現金をキャッシュバック
  5. 業者より指定口座に現金振込

「キャッシュバック型」は、購入商品を売る手間がなく「特典」といった形で現金化できるためスピード感をもって現金化が可能です。

ただし、これらクレジットカード現金化はクレジットカードを所有し、キャッシング枠が残っていないと利用できないため注意しましょう。

クレジットカード現金化のおすすめ業者と方法を見る

2.不用品を売って現金化

不用品を売って現金を調達するのも一つの手段です。

自宅にある不用品を買取業者などに買取してもらうことで、即日で現金を手に入れることができます。

買取業者では、これら商品の換金率が高いことで知られています。

  • 家電
  • 商品券・ギフトカード
  • ゲーム機
  • スマートフォン

家電やゲーム機、スマートフォンなどは最新モデルで美品であれば、より高い金額で買取してもらえます。

また、商品券・ギフトカードなどはできるだけ換金率が高い業者に依頼することで、90%以上の価格で買取してもらえるでしょう。

3.アルバイトで稼ぐ

アルバイトで10万円を稼ぐといった方法もおすすめです。

ただし、アルバイトをする場合、面接を通過する必要があるほか、支払いが翌月になるなどハードルが高いところが難点です。

そのため、面接なしで即日勤務可能、即日払いの日払いアルバイトでの現金調達がおすすめでしょう。

例えば、これらサイトで上記の条件が揃ったアルバイトを探すことができます。

ただし、面接なしの日払いアルバイトは人気が高いため、見つけたらすぐに応募するようにしましょう。

「審査なし」を謳う闇金・違法業者に注意

「審査なし」を謳う闇金・違法業者は利用しないようにしましょう。

審査なしといった謳い文句で集客する金融業者のほとんどが、闇金・違法業者です。

これら金融業者は、「どこからも借りられない」といった方たちをターゲットを甘い謳い文句で誘い込み、法外な金利と厳しい取り立てでお金を奪おうとしてきます。

正規の金融業者は貸金業法で審査が義務付けられているため、仮に審査なしで融資を行っている業者は、違法業者と言っているようなものです。

貸金業を正しく行っている業者で「審査なし」はあり得ないため、この謳い文句に騙されないように注意して業者選びを行いましょう。

まとめ

審査なしでお金を借りる方法はいくつかありますが、正規の貸金業者には「審査なし」は存在しません。

しかし、中小消費者金融は審査も柔軟であり、金融ブラックでも融資してもらえる可能性があります。

審査なしでお金を借りる・調達する方法だけでなく、中小消費者金融の柔軟な審査を受けてお金を借りるといった方法も検討してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました