クレジットカード・スマホ

審査の甘い携帯電話・格安SIM(ブラックでも契約できる?)

ブラックでも通る携帯電話

信用情報がブラックだと、携帯電話(スマホ)の審査に通らないのではないかと不安な人も多いことでしょう。

結論からいうと、ブラックでも携帯・スマホの審査に通って契約ができる可能性はあります。

ブラックの方が携帯審査に通るためのポイントは、料金の支払い方法や携帯会社の選び方です。

このページではブラックでも携帯の審査に通るための方法や、おすすめの携帯会社について詳しくまとめました。

携帯電話は「審査なし」で契約できる?

携帯電話の契約では信用情報の内容が大事であり、審査なしで契約を結ぶのは難しいというのが一般的なイメージです。

ただこれは大手キャリアの携帯に当てはまるもので、割賦販売契約には審査が必要なことから、契約のハードルが高いと考えられています。

割賦販売契約には審査が必要

割賦販売契約(スマホの分割払い)に審査が必要であることは、本体の購入代金を分割で支払うという契約です。

つまり本体を一括で購入できれば、審査の難易度はかなり下がると思われます。

とはいえ、最新機種の一括購入はそれなりに経済的な負担が大きいので、ほとんどの人は分割払いを選ぶことになるでしょう。

当然ながら携帯電話の契約においても信用情報の内容確認が行われますから、過去の借入でブラック状態になっていれば、携帯電話本体の分割購入は困難になります。

この割賦販売契約で分割払いの審査が通らないと、携帯電話の契約ができなくなっても不思議ではないです。

その為、ブラック状態で携帯電話の契約をしようと思えば、審査の甘い携帯・格安SIM会社を選ぶことが肝心になります。

格安SIMの審査はゆるい?

携帯電話といっても大手キャリアだけでなく、格安SIMという選択肢も存在します。

格安SIMは審査なし(ゆるい)?これは誰もが抱く疑問でしょうが、結論からいえばかなりゆるいかほぼ審査なしに近い形で契約にこぎ着けます。

格安SIMの審査は、大手キャリアと同じく分割払いに関する割賦販売契約と、SIM契約の審査の2つに分けられます。

前者は本体代金を分割払いしなければ行われませんから、一括払いを選べばクリアできます。

問題は後者の方で、携帯電話の利用に問題はないか、契約するに相応しい人物かどうか審査が行われます。

こちらも過去に携帯料金の未払いや、乗り換えにおける住所を始めとした情報の不一致がなければ大丈夫です。

このように、完全に審査なしで携帯電話の契約を結ぶのは難しいですが、審査のハードルを下げるのは簡単だと分かります。

携帯ブラックでも借りれる審査の甘い携帯・格安SIMおすすめ5社

携帯ブラックでも借りれる可能性のある審査の甘い携帯・格安SIMの会社を5つ紹介します。

その他に大手キャリア「ドコモ」の格安プランであるアハモも、比較的審査に通りやすいので、合わせてご紹介します。

順位サービス名特徴
【PR】
ahamo(アハモ)

おすすめ度:★★★★☆

月額2,970円。データ容量20GBで国内通話料金5分無料。かけ放題オプションあり。
詳細へ飛ぶ▼
1位
楽天モバイル

おすすめ度:★★★☆☆

口座振替、デビットカード、クレジットカード、楽天ポイントで支払い可能。1GBまで0円。審査に通りやすい。
詳細へ飛ぶ▼
2位
ワイモバイル(Ymobile)

おすすめ度:★★★☆☆

クレジットカードで支払い可能。口座振替は来店申込のみ。ヤフーグループの携帯会社でポイント還元の機会が多い。
詳細へ飛ぶ▼
3位
ビッグローブ
モバイル

おすすめ度:★★★★☆

支払いは基本的にクレジットカードのみ。データ通信専用SIMのみ口座振替で支払い可能。通信量の選択肢が豊富。
詳細へ飛ぶ▼
4位
OCNモバイルONE

おすすめ度:★★★★☆

使い方に合わせたお得な料金プラン。かけ放題オプションあり。電話とネットがワンコイン強という新料金プラン。iPhoneも使える。
詳細へ飛ぶ▼
5位
TONE MOBILE
(トーンモバイル)

おすすめ度:★★★☆☆

クレジットカードで利用料の支払い。口座振替は来店申し込みのみ。定額1,000円で子供からシニアまで使いやすい。
詳細へ飛ぶ▼

【PR】ahamo(アハモ)

ahamo(アハモ)はドコモの格安料金プランで、月間20GBのデータ通信が月額2700円(税抜)で利用できます。

格安SIMの会社と大差ない料金で、大手キャリアのスペックをもったスマホを契約できる点がアハモの強みです。

国内通話も5分までは無料で、かけ放題のオプションを付けることもできます。

大手キャリアという安心感と、料金の安さのどちらも選びたい人におすすめのプランです。

口コミ・評判では、これまでの大手キャリアのプランよりも審査に通りやすいとの声もあります。

1位.楽天モバイル

楽天モバイル

テレビでもおなじみの携帯会社1位.楽天モバイルは、1GBまで0円や税抜ながらも3千円未満の料金でどれだけ使っても無制限など、攻めたプランを提供しています。

楽天モバイルの審査はスピードが速いと評判で、難易度はとてもやさしくハードルは低いことでも知られます。

それと契約にクレジットカードは不要ですから、携帯ブラックどころか金融ブラック状態でカードが持てない人にも安心です。

審査落ちは滅多なことでは起こらないので、自信を持って審査に臨むことができますし、満足の結果が手に入る可能性が高いです。

2位.ワイモバイル

楽天モバイル

審査の速さがトップクラスの2位.ワイモバイルは、大抵は申し込みの翌日、早ければ当日中には審査結果が判明します。

申し込みに不備があれば長引きますが、審査の段階で厳しく篩いに掛けられたり、簡単に落とされてしまう心配はないです。

5年連続スマホ満足度No1の実績は伊達ではありませんし、ヤフーグループの携帯会社なので、ポイント還元の機会が多いのも魅力です。

本体は一括で、携帯電話の過去の利用に問題がないという条件を満たせば、高確率で契約を結ぶことができますし、ブラック状態でも自信が得られるはずです。

3位.ビッグローブモバイル

ビッグローブモバイル

格安SIMとスマホの会社の1つで3位.ビッグローブモバイルは、老舗プロバイダによる安定した通信を提供できるのが強みです。

料金面でもかなり頑張っていますし、通信量の選択肢が豊富で価格設定は総じて安く、容量多めを選んでも節約可能となっています。

肝心の審査については、申し込みの内容を確認する程度の審査ですから、携帯ブラック状態でも大丈夫だといえるでしょう。

クレジットカードがなくても利用料金は口座振替で支払えるので、この点も全く心配ないと思われますし、実際に難なく契約できている人は多いので心配無用です。

4位.OCNモバイルONE

OCNモバイルONE

格安SIMとスマホで注目を集める4位.OCNモバイルONEは、電話とネットがワンコイン強という新料金で攻勢に出ています。

審査の通りやすさは流石といったところで、万が一携帯ブラック状態に陥っていても、滞納している料金を支払って解消すれば問題なしです。

金融ブラックも支払いをデビットカードで行うようにすれば、審査の問題をクリアして契約することが可能です。

格安SIMの会社にとっては契約者数の確保が大事ですから、審査のハードルを下げて契約しやすくしているわけです。

結局のところ、毎月料金を支払ってさえくれれば問題ないというスタンスなので、携帯ブラックでも契約しやすくです。

5位.TONE MOBILE(トーンモバイル)

トーンモバイル

ギガが減らないと話題の5位.TONE MOBILE(トーンモバイル)は、お得な定額で子供からシニアまで使いやすい格安スマホ会社です。

基本的に支払いはクレジットカードですが、店頭で申し込むことで口座振替ができるようになります。

審査はあるなしでいえばありますが、余程の携帯電話料金滞納の経歴がない限りは、携帯ブラックで審査に弾かれる恐れはないでしょう。

しかし他の携帯・格安SIM会社と比べるとやや厳し目ですから、前もって信用を損ねる滞納は全て解消しておきたいところです。

ただ、大手キャリアと比べれば断然おすすめですし、携帯ブラックの人にもおすすめできるのは確かです。

大手キャリアのスマホから格安SIMへの乗り換え(MNP)の手順

大手キャリアから格安スマホ、SIMへ乗り換えるためには、MNPの手続きをする必要があります。

MNP予約番号の発行

手順の詳細は大手キャリア各社で異なりますが、基本的にはショップに出向きMNP予約番号の発行を受け、指定の窓口に電話をして申し込みます。

事前に電話番号の移行を知らせる必要があるので、このような手順を踏むようになっています。

オンラインや電話でもMNP予約番号の取得は可能ですから、いずれかの方法で手続きを始めましょう。

次に乗り換えの申し込みを行い、MNPの申請カードを移行先の会社に渡すことで、大手キャリアからの格安スマホ・SIMへの乗り換え手続きが進められる流れです。

スマホ本体を継続して使用する場合

スマホ本体を継続して使用する場合は、事前に必要に応じてSIMロックを解除しておきます。

SIMロックの解除は端末のIMEI番号を確認、契約している大手キャリアの会員サイトにログインして、解除の手続きをする形です。

SIMロックを解除してMNPの予約番号を取得したら、その時点でいつでも格安スマホ・SIMを申し込むことができます。

格安SIM会社であれば、格安でスマホ本体も購入できますから、本体の買い替えを含めた乗り換えも容易です。

いずれにしても基本的な乗り換えの手順は数ステップなので、事前に電話番号の移行を知らせる、MNPの申請カードを移行先の会社に渡すの2つを忘れなければ大丈夫です。

ブラックでクレジットカードがない場合の解決策

ブラックでクレジットカードが持てず携帯電話の契約が難しい、そんな場合でも解決策はあります。

携帯料金を口座振替にする

解決策の1つは携帯料金を口座振替にすることで、銀行口座から引き落としの形で支払う方法です。

口座振替で支払いができる携帯会社を選ぶ必要はありますが、格安スマホ・SIMの会社は割と対応しているので選びやすかったりします。

口座振替に対応している代表的な格安スマホ・SIM会社には、定番のワイモバイルやBIGLOBEモバイル、そして楽天モバイルなどが挙げられます。

つまり主要な格安スマホ、SIM会社は携帯料金を口座振替にすることが可能で、ブラックと切っても切り離せないクレジットカード所有の問題は簡単に解決するわけです。

大手キャリアだとクレジットカードが必要だったりしますが、このように格安スマホやSIMなら、カードなしでも代替手段で契約を結ぶことができます。

審査はほぼなしで料金支払いの問題も問題にならないわけですから、後は審査のクリアと契約の実現を信じて申し込むだけです。

金融ブラックは信用に自信が持てなくなりますが、クレジットカードのように信用が重視される支払い方法でなければ、過去に基づく信用の良し悪しは関係ないです。

携帯ブラック状態なら話は別でしょうが、携帯ブラックでも契約しやすい会社を選び、クレジットカード以外の支払い方法を選べばOKです。

クレジットカードを作りたいけど、ブラックだから不安という人は、以下のページで審査の甘いクレジットカードについて解説しているので、是非覗いてみてください。

ブラックでも作れる審査の甘いクレジットカードはこちらで解説

デビットカードで支払える携帯会社もある

口座振替で支払いができる携帯会社の他にも、デビットカードで支払える携帯会社の選択肢があります。

クレジットカードオンリーの携帯会社は珍しいですから、多かれ少なかれ必ず代替の支払い方法は用意されているものです。

むしろ、カードもでも支払える携帯会社の方が多い傾向なので、クレジットカードがなくても契約を諦めずに済みます。

まとめ

ブラックでも携帯電話・スマホの審査に通る方法は

  • 端末の割賦契約をしないこと
  • 審査のゆるい格安SIMの会社を選ぶこと

の2点です。

ほとんどの会社はクレジットカード払いがメインとなりますが、クレジットカードを持たないブラックの方は口座振替やデビットカードなど、クレカ以外の支払い方法を選択しましょう。

-クレジットカード・スマホ